雨水を自然の循環の中に戻し
   快適な水環境を創出します。

雨水貯留浸透施設の機能と用途
1.
流出抑制
洪水を抑制するため雨水を一時貯留して流出をコントロールし、災害を未然に防止できます。
●区画整理、造成地区の調整池に替え、表層部を有効利用。
●公園や団地の駐車場、道路の地下に。
2.
防災備蓄用水
火災時の消火用水や地震時の生活雑用水の確保ができます。
●避難所として指定された学校のグランドの地下に。
●公園などの公共施設の地下に。
●必要量 を満たす長区間の道路の地下に。
3.
景観用水
池や噴水、流れ創出。ビオトープの水源に利用できます。
●自然環境を確保するビオトープの水源に。
●池や噴水、流れの水源に。
●ため池としての機能を生かしたまま、地上部分を利用できる。
4.
利水
トイレ用水や緑への散水、洗車などの「生活雑用水」、工場内利水のための「工業用水」、農作物への散水や器具の洗浄などの「農業用水」、道路の雪を溶かす「融雪用水」などに利用できます。
●個人住宅、集合住宅、会社、公共施設などの庭・道路・駐車場などの地下に。
●工場の駐車場や広場などの地下に。
●農道やビニールハウスなどの地下に。
●私道、公道、道路の地下に。







   
Copyright (c) 2001 Maxline Corporation. All Rights Reserved.